ビートルズの故郷イギリス・リバプールにあるビートルズ・ストーリー(1991年創設)は、同市のウォーター・フロント、ユネスコの世界遺産に認定されたアルバート・ドックに位置する。リバプールで生まれ育った青年たちが、いかに世界最高のバンドになったのかを、故郷ならではの観点を加え、さまざまなストーリーから伝える。世界にとどろく栄光のストーリーの数々だけでなく、メンバーの生い立ちやデビュー前の逸話は故郷リバプールならではのものもあり、充実している。特にリバプール時代の写真のコレクションは見逃せない。

スタークラブ、マシュー・ストリート、キャバーン・クラブの再現は実際にビートルズが演奏していた当時を擬似体験できるかのよう。

また、施設内には子どもがビートルズの音楽や当時の文化を体験して学べる「ディスカバリー・ゾーン」もあり、家族で訪れても楽しめます。展示施設を見学した後はファブ・フォー・カフェで一休みしたり、ミュージアム・ストアでのショッピングも楽しめます。

日本語を含めた10か国語のオーディオ・ガイド(入場料に使用料含む)が提供されています(英語のナレーションはジョンの義妹ジュリア)。

<概要>
ザ・ビートルズ・ストーリー(リバプール、アルバート・ドック内)
入場料:大人15.95ポンド
シニア・学生12ポンド
子ども(15歳まで)9.50ポンド

ザ・ビートルズ・クラブの会員証提示で以下の特典
・入場料の10%引き
・記念品としてピンバッジ(右下画像)が進呈されます。

※ピンバッチの特典をご希望される方は、チケット購入時に受付でその旨お申し出てください。在庫がなくなり次第、提供は終了します。申し出の例 「I'm a member of the Japanese Beatles Club. Could you give me a ten percent discount and the Beatles Story pin badge?」

※購入されたチケットの提示で、施設内の「ディスカバリー・ゾーン」の利用、ピア・ヘッドに位置するロックの歴史展示施設「The British Invasion exhibition」、フォト・ギャラリー「The Hidden Gallery」への入場もできます。

キャバーン・クラブの再現

スター・クラブの再現

3. 展示コーナー (ジョージの最初のギターなど)

ディスカバリー・ゾーン

ミュージアム・カフェ

ブリティッシュ・インベイジョン・アット・ザ・ビートルズ・ストーリー

*記載内容は変更になる可能性もございます。